ウクライナとロシアの緊迫状況‼金は今買うべき?

お金

戦争が始まるのかどうか、ロシアのウクライナ侵攻でヒヤヒヤする状況が続いていますね(;´・ω・)

世界が不安定になる時、お金が動きが活発になります。不況になれば株価は暴落し、アメリカが動けば市場も動きます。経済が不安定になり、資産をどこに入れようか悩む方も多いと思います。そんな中、現在注目されているのが金(ゴールド)です。安全資産として有名な金ですが、有事の際にはその価格が高騰することでも有名です。

投資対象として【金】を検討する時に、最も気になるのが”金の価値が暴落することはないのか”という点です。先ほど述べたように、戦争やテロなど、有事の際には安全資産である金が買われやすくなり、価格が高騰する流れにありますが、果たしてこれまでの歴史通り、有事によって金の価格が上がっていくのか考察していきましょう(‘ω’)ノ

有事の際には金が上がる‼

果たして本当なのか❔

金の価値

そもそも金というのは、金そのものに価値があります。株式や債券と違い、国や企業が価値を保証してくれなくても、十分資産としての価値を持っています。たとえ国や企業が無くなったとしても、その価値が失われることはないため、金は世界のどこでも通用する「無国籍通貨」と言えます_(:3」∠)_スバラシイ

では、なぜ金がそれほどの価値を持っているのか?それは

地球上にある金の量が決まっているから

簡単に言うと、こういうことです。人類が長い時間をかけて金を採掘し、そのほとんどは現在市場に出回っています。人類がまだ掘り出していない金は、さまざまな科学的調査から残り”プール1~2杯分”だと推計されています。

がしかし‼そのほとんどは、地底数千メートル以下や地上3,000メートル以上に存在しており、採掘がほぼ不可能_(:3」∠)_ムリデスネ…。

今後、金の採掘はますます

困難になっていくと予想

されています。

そのため現在の

「限られた供給量の金を、より多くの人が求めあう」

という構造が生まれたわけです。金の価値は年々高まり、下のグラフのように増加傾向を見せています。

金価格のチャート

楽天証券HPより引用

金の価格が上がる

金そのものに価値がある理由はわかりました。では、戦争やテロの有事の際に価格が上がるのはどういう仕組みなのか見ていきます。先ほども説明した通り、金は世界中のどこでも換金できる【無国籍通貨】として人気です。たとえ自分の国の通貨の価値が下がったとしても、金が手元にあれば安心です。

そのため

〇経済が不安定になる

〇株価が暴落する

これらの出来事があると、安全資産である金を求める人が増えるというわけです。現に私も、保有資産のかなりの割合を株式に投資していますが、金を保有することでリスク分散をしています。このおかげで株価が下落しても精神的に安定して投資を続けることができています。

金の価値が下がることは

無いの???

もちろんあります。

〇経済が安定している

〇株価が上昇している

〇原油価格の下落

経済が安定している時というのは、株価が上昇する傾向にあります。そうなると自分の国に関わる金融商品へ投資した方が資産を増やせるため、金の人気が下がり価格が下がります。

原油価格については、戦争や経済不安により供給量の低下で価格が高騰します。そういったときは、安全資産である金の価値も高まります。ということは原油が下落すると金の価値も下がるということです。

金が人工的に作られる⁉

さて、ここまでのお話は”金の供給量が限られていること”前提で進めてきました。しかしこんな疑問がありませんか?

金が人工的に作られる

ようになったら価値は

どうなるの???

科学の発展とともに、人類はたくさんの不可能を可能にしてきました。もしも金を人工的に作れるようになれば、金の供給量が増え、価格が暴落するのではないだろうか?

その疑問に対しての答えはこうです。

作れなくはないけどコストがかかりすぎる

例えば、鉄などの鉱物を作ろうと思うと、超新星爆発ほどのエネルギーが必要だと言われています。鉄よりも重い元素である【金】を作ろうと思うと、さらに大きなエネルギーがいります。

現在、地球上でそのような高エネルギーの場をつくるのは極めて困難です_(:3」∠)_ソリャソウダ…もしも極限られた空間で一瞬そのような場をつくれたとしても、設備にかかる費用が莫大なものになりすぎます。それだけのコストをかけて金を作るには価格が釣り合わない、というのが現実です。

もしも金の需要が爆発的に増え、高いコストをかけても作った方が良い‼となった場合、金の価格も爆発的に上がり、現在の価格で金を保有している人たちはウハウハになることでしょう(*’ω’*)

金の保有は長期目線で

さて、ここまでの話で金を安全な投資対象として保有するのは良い選択肢になりそうです。

しかし、ここで注意したいのが、金の価格がこのまま上昇し続けるとは限らないということです。

金価格のチャート

楽天証券HPより引用

このグラフのように株価の上昇や低金利の見直しなどによって金の価格が下がることもあります。ただ、こうした動きがあっても金は依然として有限であるため、すぐに価格が下落することはありません。希少性の高さから、需要が消えることはなく、一定の価値を持ち続けるはずです。

そのことを十分理解し、安い時こそ買い場だ‼という気持ちで購入時期をずらしながら保有していくことが重要だと思います。株式と違い、値動きの少ない投資先なので【長期保有】を念頭においてリスク分散しながら保有していきましょう(‘ω’)ノ

まとめ

戦争やテロが起こる有事の時だ‼という理由だけで金を保有するのは少し早まった判断かもしれません。そういった情報が世間に流れている時点で価格の高騰も始まっています。長期的な目で見れば一時の経済不安など小さいものなので、さまざまなニュースや情報を見ながら分散投資をしていくことが重要かと思います。

安い時に買う‼これはどの投資先でも共通の鉄則です。ことのほか金に関しては値動きもそこまで激しくありませんので、冷静な目でじっくり検討していきましょう。

また、投資をやっていて経験した失敗談などについてもまとめています。自分の過去の戒めとして紹介していますが、これから投資を始めようとしている方や、現在始めたばかりの方など、私のように悲惨な結果になる人を一人でも減らしたい、という気持ちでまとめました。ぜひ参考にしてみてください(*’ω’*)

⇨【失敗談で学ぶ、投資でやってはいけないこと】を見る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました