パパ活を繰り返した生徒の末路

お金

こんにちわ。tamiです(‘ω’)

数年前から耳にすることが増えてきたパパ活をご存じですか?実は今、パパ活のリスクを承知のうえで小遣い稼ぎをする若者が後を絶ちません。警察の捜査も進んでいますが、SNS上でのやり取りのため、全てを把握するのは難しいでしょう(;´・ω・)

そんなパパ活ですが、私が勤めていた学校でパパ活の性被害にあった生徒がいました。その子はパパ活の域を超えて、男性と関係をもったようですが、そもそもはランチデートなどでお金を稼いでいただけの女の子です。その子はどうして性被害にあってしまったのか?

出会い

女の子がパパ活を始めたのは

小銭を稼ぐため

SNSでできる手軽さと、すぐにお金をもらえることに魅力を感じたそうです。初めてSNSでマッチングをして、男性と待ち合わせする時は緊張して帰ろうかと思ったほど。

本当に来るのかな?

変な人だったらどうしよう?

そんな気持ちを持っていたのも初回だけ。1度パパ活をしてみると、美味しいランチをおごってもらい、少しだけカフェでお話するだけで1万円をもらったことで、

こんな簡単にお金がもらえるんだ♪

という気持ちが芽生えました。何回かパパ活をこなしていくうちに慣れて、もっとお客さんを増やそうとSNSの更新頻度を上げていきます。

パパ活に慣れてきた頃、女の子はサラリーマン風の男性と出会いました。始めて会ったその日は、ランチデートで数時間楽しくお話しただけで別れたそうです。男性の特徴は

見た目⇨清潔感あり

女性への接し方⇨ジェントルマン

というパパ活では珍しいレアキャラだったそうです。そんな男性に、女の子は好印象を持ちました。ランチデートからしばらくした頃、またその男性から連絡があり、少し嬉しい気持ちで待ち合わせ場所へ。二回目のデートでは緊張も解け、パパ活であることも忘れて楽しいデートを過ごせたそうです

交渉

それから男性からの予約が入るたび、いつもより少しだけ嬉しくなりながら待ち合わせ場所に行くようになった女の子(‘ω’)特定のお客さんから何回も予約が入ったのは

この男性が初めて

だったので、自分が特別のように感じたのでしょう。何万円ものお金を自分だけに使ってくれる男性に、特別な想いを抱き始めていた頃、男性から女の子に提案がありました。

君のことを気に入ったから

これからは個人的なやりとり

をしない?

普通だったらアウトな提案です。しかしその時には男性のことを信頼していた女の子、この人なら大丈夫だろうとその提案を承諾します。提案は、

お互いにとって都合の良い内容

のものでした。今まで仲介業者に払うはずのお金をその子に直接支払うという提案。その子にとってはお金も入るし、断る理由がありませんでした。そこから二人の仲介業者を通さないやりとりが始まりました。 

大人の関係

それからしばらくは、今までと変わらないデートを重ねる二人。しかし互いに手をつないだり、ハグをしたりと

恋人のようなことをするようになりました

デートでは必ず何か好きなものを買ってプレゼントしてくれる男性。この頃には女の子の男性に対する警戒心はすっかりなくなっていました。それどころか好意を持つほどになっていたそうです。

ある日の帰り、いつもなら別れ際に次の約束をしますが、その日は男性が神妙な面持ちで何やら言いたげな様子。女の子が気が付き、どうしたのかと訊ねると

そろそろホテルに

行きたいな…

と女の子に言いました。初めて男性からそんなことを言われて困惑する女の子。パパ活のルールからしたら完全に

NG行為です

返事をしない女の子に対して、

もちろんお金は払うよ

10万円でどうかな?

とお金をちらつかせます。10万円という金額は、女の子の年齢からしたらとてつもない大金です。迷ったものの、

避妊することを条件

に二人はホテルに向かいました。

⇨【ホテルに向かった二人のその後】をみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました