健康のために朝食をフルグラにするのは間違っている?

看護師

先日、フルグラがSNSのトレンド入りしていたのでなんだろうと見てみたら、なにやら不穏な空気が流れていました。どうやら、健康のためにフルグラを食べることは間違っているらしいという情報が溢れていて、ゾッとしました。というのも、我が家は毎朝フルグラを食べているのです。健康、手軽さ、オシャレ?を兼ね備えているパーフェクト食品だと思っていたので、少し高いお金を払ってフルグラを購入していました。それが間違っているかもしれないという情報を得たので、真実はどうなのかを調べてみました。

炭水化物の影響

糖質ダイエットとして注目されるぐらい、炭水化物は私たちの体に大きな影響を与えることはよく知られています。炭水化物については、摂り過ぎた分は中性脂肪として蓄積され、肥満の原因になってしまいます。炭水化物は安くて腹持ちも良いので、ついつい選びがちな食品になってしまいますが、これが体型や健康に悪い影響を与えてしまいます。

ダイエット目的じゃなければ

そこまで炭水化物を心配

しなくてもいいよね?

確かにそうです、過剰摂取していなければ炭水化物はそこまで危険なものではありません。しかし、一つ注意してほしいのが、炭水化物については糖尿病の誘因になることも知られています。糖尿病に関しては遺伝因子がとても高いので、親族に糖尿病の方がいらっしゃる方は、人よりも注意したほうがいいかもしれません。

糖質が体内に蓄積しないようにするためには、体の代謝を高めることが大切です。日ごろからウォーキングのような有酸素運動を1日20分程度行うような習慣を持つと良いでしょう。私の旦那さんも、炭水化物過剰摂取のベテランなので、休日は積極的に散歩に連れ出しています。

炭水化物が多く含まれている食品

炭水化物の代名詞といえば「ご飯」ですが、それ以外にも意外と炭水化物が多く含まれているものがあります。

麺類

麺類はやはり王様級です。中でもパスタに関しては、食べやすさ、手軽さ、安さでお昼ご飯や一品料理で選びがちですが、これがなかなか危険です。炭水化物の固まりのようなものなので、パスタを食べる際には、サラダを一品添えて、せめて野菜から摂取するようにしましょう。そうすれば血糖値の上昇を抑えることができ、糖質の吸収を下げることができます。

意外と知られていない麺類の炭水化物の多さで言うと、「そば」も含まれています。らーめんなどの中華麺じゃなく、そばならヘルシーだろうと思いがちですが、これは炭水化物量でいうとさほど変わらないので注意してください。

また、春雨スープなども「手軽にヘルシーに」といううたい文句でよく売られていますが、これは中に入っている量が少ないから糖質の量が少なく見えますが、100g当たりに含まれる量でみると、春雨のような乾麺は炭水化物量が多い部類です。表記の仕方で勘違いしやすいようになっていますので、成分量をよく読んでみましょう。

イモ類

イモ類に関しては、昔から炭水化物が多く含まれている食品として有名ですね。戦争時代、ジャガイモなどの芋を育てて食べていたのは、簡単に安く体にエネルギーを蓄えることができるからだそうです。よくできていますね。じゃがいもなどは気を付けやすいですが(フライドポテトを避けるなど)、案外見落としがちなのが「さつまいも」や「かぼちゃ」などの甘いイモ類です。甘い分、やはり糖質は多く含まれているので、大量に摂取するのは危険です。

イモ類の中でも、少し前に若者にブームになったものがありますね。そうです、「タピオカ」ドリンクです。タピオカに関しては、元はイモからできているので、炭水化物として認識してください。それもトップクラスの炭水化物量です。タピオカドリンクをおやつ代わりに”飲んでいる”若者が大勢いましたが、カロリーに換算すると「タピオカ=とんこつらーめん」の方程式が成り立つほどです。おやつにとんこつらーめんはなかなかヘビーですよね。それを知らずに一日2杯も3杯も”飲んでいる”人は、要注意です。今は若さでなんとかなるかもしれませんが、そのうち代謝が追いつかなくなってきます。摂取カロリーに対して相応の運動をするか、摂取量を減らすようにしてください。

コーンフレーク

さて、問題にもあがった「フルグラ」も含まれるコーンフレーク部門。なんと炭水化物が多く含まれるランキングの中に、コーンフレークが堂々のランクインしていました。企業や製品によって、成分量は異なるので何とも言えませんが、基本的には砂糖が多く含まれているので、「お菓子」として認識した方がいいぐらいです。手軽さやおいしさから朝食や軽食に選びがちですが、これからは含まれている成分量を気にしながら生活の中に取り入れた方が良さそうです。

まとめ

結局、「フルグラ」に関しては健康のために生活の中に取り入れるのは間違っていました。意外とヘルシーそうに見えて、カロリーが高いものは世の中に溢れています。それは、食品を開発する段階で砂糖や炭水化物を入れると、添加物を入れなくても”中毒性”を出せるため、取り入れる企業が多いからだそうです。もちろん、今回のフルグラ問題に関しては、手軽さやおいしさを重視している人には関係のない話です。問題は、世の中には私たちの”勘違い”で認識されているものが多いということです。「健康に良いから」と思っていたら、実はそんなことないなんていうこともあります。正しい情報と、正しい知識で正しい判断ができるようにしましょう。

tami
tami

健康に興味ある方は、

⇨ファスティング(断食)効果

についてもまとめていますので

参考にしてみてください。

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました