完済できない?リボ払いの罠「対策」

お金

完済できない?リボ払いの罠「仕組み」では、リボ払いの危険性とその特徴について紹介しました。今回はそれに対する具体的な対策について話していきます。

残高の確認

リボ払いを利用してしまった時、まず始めにやることは残高の確認です。リボ払いは、利用残高が多くなるほど毎月の支払いにかかる手数料(金利)も多くなります。

でも月々の支払いは

変わらないんだよね?

その通りです。しかし手数料が高くなることによって、完済するべき元金を減らすための支払いが減ってしまうのです。つまり、返済をしているつもりでも手数料だけ払っている状態なんていう最悪の状況にもなり得るのです。そうなっていても会社から何か連絡がくることはありません。向こうからしたら元金が減らずに手数料だけもらえるので、むしろ都合が良い状態なのです。そのことに気が付くことが出来ずに、利用し続けるといつの間にか借金地獄に陥ってしまいます。

どうやれば毎月の手数料が

わかるの?

1か月あたりの手数料の金額を知るためには、

利用残高×手数料率÷365日×30日

という式を使えば計算することが出来ます。まずは自分の手数料の割合と、利用残高を調べてみましょう。利用残高については、各クレジット会社のウェブページで確認することができる場合が多いです。 

毎月の返済額を増やす

リボ払いの月々の支払いを見直してみましょう。例えば月々の支払金額を1万円にしていた場合、5000円でもいいので返済額を上げることができないか検討します。毎月の支払額が変わらないというのがリボ払いの魅力ですが、同時に落とし穴でもあります。返済額を上げることで、手数料を支払う回数を少なくさせることができます。

返済額を5000円増額した場合

〇今まで⇒10万円を1万円ずつ返済

tami
tami

合計10回の返済で、約6650円

手数料(金利)が発生します。

〇改善⇒10万円を1.5万円ずつ返済

tami
tami

合計7回の返済で、約4600円

手数料(金利)が発生します。

どちらも手数料率は平均的な15%で計算しています。5000円多く返済するだけでかなり金額が違いますよね。これは、利用金額が高くなればなるほど手数料の差が広がっていきます。リボ払いの手数料は基本的に利用残高に対して発生します。したがって、返済期間を短くすることができればリボ払いの利用残高が減ることになり、結果的に支払う手数料も少なくて済みます

もしも、今のリボ払いの支払いが始めに設定したままだという人は、月々の支出を考えた上で返済額を増やすことができないか早めに検討してみましょう。

一括返済

クレジットカードの支払い方法というのは、途中で変更可能な場合が多いです。まずはウェブページで一括返済が可能かどうか確認してみましょう。一括返済が可能な場合は、すぐに変更することをおすすめします。

一括返済ってどういうものなの?

一括返済とは、利用残高の全額を一度に返済することです。一括返済できるだけのお金があるなら、一度に返済してしまえば、長期的に払うはずだった手数料を払わなくて済みます。結果的に支払総額を減額することにつながります。

繰り上げ返済

もう一つ、繰り上げ返済というものがあります。これは毎月の返済とは別に、利用残高の一部を返済することを言います。これにより、手数料を軽減することができます。例えば、繰り上げ返済で利用残高を20万円から15万円に減らした場合。

利用残高が20万円の場合

tami
tami

20万円×15%÷365×30日

で月の手数料は2465円

利用残高が15万円の場合

tami
tami

15万円×15%÷365×30日

で月の手数料は1849円

このように繰り上げ返済をすることで毎月の手数料を減らすことができます。まとまったお金が入った場合や、一括返済できるほどのお金はないけど少しだけ返せるという場合には活用しましょう。

まとめ

借金は、身内に知られずに弁護士さんや司法書士さんを通して解決することも可能です。しかし最終的に返済能力が無くなって、どうしようもなくなってから助けを求める人も多くいます。最悪の結果を招いてしまう前に、できることから始めていきましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました