少額から資産運用を始めるべきメリット3選

お金

資産運用といえば、投資、不動産などさまざまありますが、どれを始めるにせよ、少額から運用をしていくべきだと言われています。大半の失敗するパターンとしては、退職金が入ったから資産運用を始める、相続で大金が手に入ったから投資をしてみる、という場合です。本来まとまったお金があると、リスクを分散させながら運用していくことが可能になるのですが、いきなり大金を手にした初心者は、リスク管理もできないままに失敗してしまいます。後に残るのは「投資などやらなければ良かった」という後悔だけです。

今回は、少額から資産運用を始めるメリットについて解説し、資産運用に興味を持っているけどなかなか手を出せないでいる方などの参考になればと思います。ちなみに私は、100万円の軍資金から投資を始めて今に至ります。100万円を少額と思うか高額と思うかは人それぞれですが、少額運用のやり方は、どの金額から始めるにしても知っておいて損はないと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

時間をかけてスキルを磨く

少額の資産運用をする場合、短期間で大金を稼ごうとするとただのギャンブルになってしまいます。FXや仮想通過、⇨ポンジスキーム(投資詐欺)などはもっての外です。少し投資の勉強をした方ならば、少額の資産運用で味方にすべきは「時間」だということに気が付いているでしょう。

運用を始めるのが早ければ早いほど、時間をかけて低リスクで自分の資産を運用させることができます。お金は少ないけれど、時間をかけることで確実に運用していく方法はいくらでもあります。この「時間をかける」ということが少額運用の何よりのメリットです。まず、短期的な経験や知識というのは長い利益を生み出してくれません。たまたまタイミングが良くて、思わぬお金を手に入れることはあるかもしれませんが、その場だけで終わってしまいます。

一方で、長期的に磨いたスキルや経験というのは長い運用人生の中で、必ず役に立ちます。

一夜漬けの知識やスキル

では長期的な運用は

難しいです 

致命的なダメージが少ない

退職金や、相続で多額のお金を手に入れた人は、多額の資産を運用に回してしまい、結果致命的なダメージを負ってしまいます。今まで運用経験が無く、まったく踏み入れたことないステージに丸腰で挑んだところで、負けることは目に見えています。

その分、少額運用の場合はたとえ失敗したとしてもダメージが圧倒的に少なく済みます。

FXなどでレバレッジを

かける場合は例外です

ここで注意してほしいのが、資金が少額であればダメージが少ないから、何をやっても大丈夫というわけではありません。少額であっても、FXなどの投資に関してはレバレッジをかけて勝負をすることが可能になります。レバレッジをかけると自分の軍資金の20倍以上の取引などもできたりしますが、これはただのギャンブルです。ギャンブルをすれば、ダメージどころか借金を抱えて運用の世界から返済の世界に投げ出される危険もあります。

例え少額だとしても、ギャンブル性の高いものについては””とは言えませんので、手を出さないようにしましょう。

コスパが右肩上がり

少額運用を続けていると、自然と投資の世界の仕組みや世の中のことに対して興味を持つようになります。経験を通して得られる知識が増え、状況に応じた運用の仕方も身に付いていくものです。すると、少額から始めた運用資金を上手く増やせるようになり、少しずつ資金は右肩上がりになっていきます。

時間をかけて経験や知識を蓄えることで、自然と資金も増えていく。これほどまでにコスパの良い運用はありません。短期的な運用だと、どうしても目先の利益ばかりに意識がいきがちですが、少額運用を長期的に行っていれば、利益以外の財産も手に入れることができます。

まとめ

日本の教育では、資産運用についてのカリキュラムは残念ながら組まれていません。大人になり、社会人になって初めてお金の運用を始めるという方が大半です。しかし、実際には生活していくうえで何より大切なお金の勉強、それを身銭をきって実地で学んでいく必要があります。学校のように大きな失敗をしても誰も助けてはくれません。だからこそ、自分でリスク許容度をコントロールしやすい、少額運用から始めてみることで、将来的に通用するスキルを磨くことが可能になるのです。

tami
tami

これだけは避けたい!

⇨確実に貧乏になる方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました