旦那がポンジスキームに引っかかり、借金5000万円

お金

投資の勉強をしていく中で、たくさんの投資詐欺があることを知りました。そのほとんどはポンジスキームで、友人や同僚から投資話を紹介され、良いカモになるというもの。自分は引っかからないようにしようとしていた矢先、身内からポンジスキームに引っかかる人が出てしまいました。まさかこんな身近に起こるとは思ってもみませんでした。

投資するなら知っておきたい

⇨ポンジスキームの罠 

不動産投資

旦那さんは結婚前から不動産投資をやっており、そのことは承知のうえで結婚しました。話は聞いていたし、毎月のキャッシュフローもプラスになっているということだったので、安心して任せていました。ところが先日固定資産税が届き、そこに記載されている金額に驚いた私は、旦那さんに「本当に毎月プラスなの?」と詰め寄りました。

旦那さんは「ごめん、わからない・・・」となんとも頼りにならない回答だったので、契約書類を一通り見せてもらうことにしました。すると、書類の下の方に小さく「取得税、固定資産税は別途」と書いてあるではありませんか。

この時点でプチパニック。え?このこと説明されてないの?それとも説明されてるけど旦那さんが忘れてるだけ?とパニック状態になりながら、とにかく今のキャッシュフローを正確に把握しないといけないと思い、パソコンを取り出してExcelを起動させました。 

収支計算

旦那さんが不動産投資を契約したのが、2年ほど前。その時取得税で30万円ほど払ったようです。この時、あまり正確に覚えてないという旦那さんを睨み付けていたかもしれません。少し適当な旦那さんにいらっとしてしまいました。ちなみにいくらの物件を買ったのかと書類をみると、なんと契約金額5500万円!その時点で卒倒しそうでした。我が家はこんな借金を抱えていたのかと目の前が真っ暗に。

旦那さんの話では、借金については銀行からの利息も含めて家賃収入で返せるから大丈夫ということ。一応プラス計算だったので良かったのですが、固定資産税のことがまったく計算に入っていないので、これを加えて計算し直しました。

すると毎月マイナス1万円という計算結果。毎月1万円のマイナスって、投資として成立してないじゃん・・・。とショックを受けつつ旦那さんと今後どうするのか話合いました。

隠し事

話し合い開始。将来どうしていけばいいのか考えたいから「隠し事」は無しにして。と強く懇願した私。すると旦那さんが重い口を開き、さらに衝撃の一言を発しました。

担任
旦那

実は最近、不動産の管理費が

上がっちゃったんだよね…

これには私もぽかんとしてしまいました。え?早くない?契約2年前だよね?それですでに管理費上がったの?税金なくても毎月マイナスじゃん。と絶望です。今後家賃収入は下がり続けるのに、管理費がこんなに早く上がるとは・・・。どんな物件だよと思いながら「管理費いくら上がったの?」とさりげなく聞くと「1万円・・・です。」とこれまた衝撃の告白。今までの金額を計算したら、我が家は毎月2万円のマイナスです。投資で資産を増やそうとしているのに、このマイナスは痛すぎます。

借り入れ金額5500万円の時点で十分絶望でしたが、さらに毎月のキャッシュフローが2万円というどうしようもない状況です。 

今後の見通し

不動産なので、建物はどんどん老朽化し、管理費は変動し、建て替えることもあるかもしれません。それを考えると、現段階で毎月マイナス2万円というのはかなり痛いです。今回の旦那さんの契約については詐欺だと思っていますが、契約して2年目で毎月マイナス2万円ってなかなかですよね?誰かと比べるつもりはありませんが、こんな投資話に引っかかる旦那さんが情けない・・・。

さて、今後の見通しを立てるために、不動産業者に話を聞きに行こうと思います。担当の方とはすぐに連絡がとれたので、より正確な現在の状況と、今後の話をさせてもらおうと思います。できれば売却して借金もろとも無かったことにしてもらいたいですが、こんな短期間の売却は逆に損になるでしょう。ということで、どのあたりで物件を手放すか、今後のライフプランについてしっかりと話しながら、決着をつけることができればいいかなと思います。もしかしたら長い付き合いになるかもしれませんが…

まとめ

旦那さんが5500万円の契約をしていたことに関しては、正直絶望しました。隠していたわけではないと思いますが(現に不動産投資をしていることは話してくれていたので)、毎月のマイナスが我が家には大きすぎました。今は借金のことよりも、とにかく傷口が浅い状態で物件を手放せるようにしていきたいです。もしも今売却すると大損であるならば、いつならいいのか?とにかくローンを向こう何十年と払い続けることだけは避けたいです。

不動産は出口が肝心とよく言われます。これから出口に向けて、さらに勉強していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました