朝起きられない?起立性調節障害とは?

学校

最近、学校現場でも周知されつつある「起立性調節障害(OD)」。最初聞いたときにはなんのことだ?と疑問をもちましたが、どうやら思春期の子どもの10人に1人が発症しているとのこと。実際に学校でもODと診断されている生徒がいました。しかしODを知らない頃は、遅刻常習犯としか認識を持てなかったです。ODとは実際どんなものなのか、ご紹介していきます。

どんな症状なのか?

起立性調整障害は、その名の通り立ち上がる時にめまいや動悸、失神を起こす自律神経の病気のことを指します。小学校高学年から中学校の思春期の子どもに多く、今では10人に1人が発症していると言われています。重症の場合、朝起きることが難しく、ベットから起き上がれないことから不登校につながることもあります。実際に不登校の子どもの約3分の2がこのODに悩まされていると言われています。

どうしてさぼるの?怠けていないで学校に行きなさい、と周囲からは言われますが、自分の意思ではどうにもならない病気です。近くにいる保護者や教員がODへの理解を深め、適切な治療や生活習慣の改善に取り組む必要があります。

ODの主な症状としては食欲不振、顔面蒼白、倦怠感などの症状が表れることがあります。様々な症状が存在しますので、気になる方は起立性調整障害の悩みを参考にしてみて下さい。

tami
tami

起立性調整障害の悩み

ツイートまとめ

 

原因

ODの主な原因としては、自律神経の機能が乱れ、循環器系の調節がうまくいかなくなることが原因といわれています。そのため、思春期のホルモンバランスや自律神経が乱れがちな年ごろに発症しやすいのです。通常、人は立ち上がるときに自律神経の一種である交感神経が働き、重力によって血液がたまってしまう下半身の血管を収縮させることで、心臓へ戻る血液量を増やしています。これにより血圧を維持させることができているのですが、この交感神経の働きがないと、血圧が低下し、脳血流が低下してめまいや動悸、失神などを引き起こします。

また、自律神経の機能が低下する原因としては、体の発育による自律神経の乱れや水分不足、運動不足、精神的なストレスなどが挙げられます。そしてOD患者の約半数に遺伝傾向があることもわかっています。

治療

ODについては、自分の意思ではどうにもならない病気です。薬物療法では効果が見込めないため、周囲のサポートが必要不可欠です。まずは、日常生活の改善から取り組みます。

tami
tami

水分をしっかりとる

適度な運動習慣を心がける

ゆっくり立ち上がる

朝起きる時は頭をすぐに上げない

基本的には体の中で循環している血液量を増やすことを意識しましょう。早めの就寝はもちろんですが、生活リズムを整えることが大切です。寝る前にスマホやパソコンを長時間触っていると眠りの質が悪くなるため、使用時間を設定するなどの工夫をしましょう。

予防

体に影響するものと言えば、精神的なものが大きいです。先ほども述べたように自分ではコントロールすることができません。周囲の人が病気に理解が無く、サポートしてくれなければストレスを軽減・コントロールすることは難しいのです。例えば学校では「午前中が難しければ、午後から登校する」など無理のない範囲で行動の選択ができるようにしていくのがポイントです。

不登校などの重症の場合は、通常の日常生活を送れるようになるまで数年かかるといわれています。軽症の場合、適切な治療を行えれば、2か月程度で改善が見込めます。周知の人は、長期間のスパンで治療していくことを念頭においてサポートしてあげてください。

まとめ

思春期の子供の10人に1人というとかなりな割合です。軽症、重症の違いはあれど、いつ誰がなってもおかしくない病気だと思います。頭ごなしに指導したり、しつけるだけでは何の解決にもなりません。今では適切な対処法も提案されています。当事者一人では治療が難しいものなので、乗り越えられるようにサポートしてあげてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました