皆既月食の暴落って知ってる?~急落相場に備えるために~

お金

過去の暴落相場をみると、「皆既月食」の前後に株価が暴落しているというデータがあるそうです。実際のデータを拝見しましたが、まあ、信じるか信じないかはあなた次第です。というような内容でした。しかし、暴落時にどのような心構えをしておいたらいいのかというのは、投資をたしなむ者として知っておいた方が良さそうです。今回は、暴落時の投資スタイルについて、再確認する内容になっています。

上手な投資家は買い下がる

コロナウイルスのショック相場でもそうでしたが、ショック時に儲ける投資家というのは、必ず急落時のチャンスを逃しません。急落局面で資金がどんどんマイナスになろうとひるむことなく果敢に安値を狙って買いに走ります。

株価はいずれ戻る

この基本を忘れない

それができている人は、下げ続ける相場に耐え、安いところを拾えることができます。

コロナ危機の際にも、株価下落はむしろ資金拡大のチャンスと捉え、保有していた現金を株式購入に充てた人が、最後に笑うことができました。しかし、このような行動ができる投資家はそう多くはありません。下げ続ける可能性がある中で、保有する株式を増やせば評価損がどうなるかわからないからです。普通であれば、下げ相場など精神的に耐えられるものではありません。しかし、下手に狼狽売りに走らず、下げ相場でドンと構えることができるのが、資産形成の肝になるのです。 

狼狽売り

コロナショックの暴落時には、3月にはあっという間に株価が底値になり、きわめて短期間で資産を大きく失ったという人もいるでしょう。このような状況で注意したいのが、「狼狽売り」です。

狼狽売りとは、何らかのニュース

により、株価が急落し、その際に

慌てて持ち株を処分(売却)して

しまうことを言います。

下げ相場の速度に耐えられず、パニック状態となり、損切をしてしまうとその後の上昇相場に上手く乗ることができません。このような状況になり、株相場から離れていった投資家も少なくありません。当時の状況では、コロナショックからの経済の回復はそうとうかかりそうな雰囲気でした。しかし、振り返ってみれば、その時につけた株価が絶好の「買い時」だったのです。 

知識が邪魔をする

過去の株式相場を振り返れば、歴史的ニュースの局面は多くのケースで「買い時」となっています。資産を増やすための絶好のタイミングであるとも言えます。

この時、株価が調整状態にあるのですが、基本的には株価がそれ以前よりも安くなっていて、チャンス状態です。ビジネスでもそうですが、儲けるためにはできるだけ安く買い、購入金額よりも高く売ることができれば利益が出ます

単純にみえるが、人の「感情」

がそれを邪魔します

人間の判断には、どうしても「感情」が入ってしまいます。思い入れや、感覚という曖昧なものが適切な判断を鈍らせてしまうのです。中途半端な「知識」があると、この判断をさらに鈍らせてしまいます。

今の相場状況なら、

今後は上がるだろう…

知識がある分、こういう自分の勝手な判断をしてしまいがちです。株式は経済状況だけではなく、人の感情が左右する場所ということを忘れてはいけません。

まとめ

市場とは不思議なもので、一度大きな調整が始まると、今度は一転して相場が反転することがあります。プロであっても、とてもついていけないような勢いで値動きがあるのです。相場の動きの背景について、リアルタイムで説明できる投資家はまずいないでしょう。いつだって、市場は推測する投資家をあざ笑う「天邪鬼」なんです。暴落やショックに踊らされず、買い時を見失わないようにしておきましょう。

tami
tami

失敗談から学ぶ

⇨投資でやってはいけないこと

についてもまとめています

コメント

タイトルとURLをコピーしました