確実に貧乏になる方法

お金

お金持ちは資産にお金をかける、貧乏人は浪費にお金をかける。決定的な違いはあれど、なかなか細かいところまで考えたことある人は少ないのではないでしょうか?しかし、自分が気が付かないうちに確実に貧乏になる道を歩んでいる方はたくさんいます。今回は貧乏になるための秘訣をお話しします。

収支の把握をやめる

第一に、毎月の収支把握を今すぐやめましょう。自分の収入がいくらあって、何にいくら使ったのか。そんなことを考えていたら貧乏にはなれません。保有資産を把握せずに、好きなだけ使って、人生を謳歌してください。自分の銀行残高などざっくり把握で十分です。お金のことをいちいち考えているとストレスが溜まってしまいます。貧乏人にそんなストレスは必要ありません。

リボ払いで豪遊

欲しいものがあるのに手持ちのお金が無い。そんな時には迷わずリボ払い!資産家が年利4~6%の高配当株を一生懸命品定めしている現代で、リボ払いは驚異の”15%金利”を叩きだしています。めまいがしそうですね。そんなリボ払いに手を出すことができれば、あなたも貧乏人の仲間入りです。どこぞの闇金に借り入れるより手間がかからないし、なによりすぐにお金が無くなります。リボ払いの素晴らしいところはそれに気が付きにくいところ。長期契約にすることで毎月の少額支払いを可能にしています。よって自分が多額のお金を支払っていることに気が付くことができません。気が付いたら貧乏になれるという革新的な貧乏ロードを歩むことができるのです。

車を買うなら新車一択

自動車はステータスだという人がいます。全くその通り。自動車は本体価格も高額だし、維持費にもかなりのお金を使うことができます。ガソリンは年々値上がりをして、新車はいらない機能が付くため金額も右肩上がり。お金を消費するにはもってこいの消耗品といえるでしょう。生涯50年間車に乗れば、平均で「4000万円」ほど消費できると言われています。所有するだけでいろんなコストがかかる車は、貧乏人にはマストアイテムといえるでしょう。がんがん乗り回して、どんどん経済を回していきましょう。

また購入するなら新車一択です。新車はあなたが一度乗るだけで中古車になり、それだけで価値は半額になると思って下さい。リセールバリューを低くして、これを定期的に繰り返すことができれば、より大きな出費を実現することができます。

家を買うなら新築一択

貧乏になりたいのなら、賃貸でちまちまお金を払うよりも、持ち家を購入するのがおすすめです。持ち家は一戸建てにしろマンションにしろ「新築」でなければいけません。中古物件など高い広告費も入っていないし、無駄なお金を消費することができません。ローンを組むだけで新築というステータスを手に入れることができるし(あなたがカギを開けた瞬間”中古物件”)、売る時にも資産価格を大幅に下げることができます。日本の住宅価格は年々下がり続けているので、できるだけ早めにローンを組んで新築を買うようにしましょう。

これができれば、35年後のあなたは維持費のかかる立派な負債を手に入れることができるのです。10年ほど経てば外壁の塗り替えやら、水道管の消耗やらでお金がさらに出ていきます。震えますね。注意点としては、都心の一等地を購入してしまうと物価が上がった時に資産価値が上がってしまいます。一等地はお金持ちが常に狙っているので、競わないためにも、都心から離れた値段もそこそこの土地を狙っていきましょう。

とにかく保険に加入する

将来何があるかわかりません。お金持ちはリスクを自分の資産で備えますが、貧乏人は保険で備えます。ガンになってしまったら大変です。ガン保険に入院保険、ついでに先進医療特約などすべてのオプションをつけておけば準備万端です。何があっても恐いものなしです。さらに上級者は払い込みではなく積立型を選択します。保険と貯蓄を同時にできる代わりに、保険会社に対して高い手数料をどんどん支払うことができます。積立型といいながらまったくお金は貯まりません。それなのに月々の支払いは驚くほど高額なのでめまいがしそうです。これは上級貧乏人にしかできないお金の使い方です。

資産は全て銀行へ

収入はすべて銀行に預けておけば間違いありません。金利0.001%しかないので、どれだけお金を預けていても増える心配がないからです。もしインフレにでもなれば、物価が上がってお金の価値は下がってくれます。これによりお金を預けておくだけで資産が減ってくれるという素晴らしい方程式が成り立ちます。資産運用などもってのほか。勉強時間ももったいないし、リスクもあります。資産運用などというお金持ちのマストアイテムは使わずに、銀行預金を信じぬくことが大切です。

まとめ

貧乏人になるための行動を一つでも実践していましたか?ひとつやふたつでも十分効果はありますが、できればすべての項目を全力でやっていただきたいですね。これとは真逆のことをやっていると、お金は少しずつ着実に貯まっていってしまいます。数年後、数十年後に資産を築いてしまわないように、自分のお金の使い方に注意してください。

tami
tami

医療保険に入らない理由について

も説明しているので参考までに

コメント

タイトルとURLをコピーしました