精子提供ツイートまとめ

学校

SNSを通じて個人間での精子のやりとりがされています。公的にドナー提供があるのですが、コロナ禍で延長されたり、待機時間が長かったり、費用が高かったりして断念する夫婦も多いそうです。SNSで精子ドナー、精子提供と検索をかければ、すさまじい数のドナーが見つかります。しかしそのどれもは個素性のわからないものばかり。公的にドナー提供された場合も、相手の個人情報はわかりませんが、少なくとも虚偽はできません。過去にはSNSでの精子提供の際に、虚偽の情報を相手に伝えたとして訴えた事件などもありました。また実際に会うと性行為を執拗に求めるドナーもいたりと、トラブルは多いようです。個人間での取引が横行している現在、何らかの法整備が必要であることは間違いありません。

tami
tami

出生前診断について

もまとめています

 

 
 

 
 
 
 

 

 
 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました