素人がやって実感、お金を貯める方法②「実践編」

お金

[素人がやって実感、お金を貯める方法①]では、お金を貯めるために知っておいた方が良い、二つの法則についてご紹介しました。法則を学んだらいよいよ実践編に突入します。

先取り貯金

貯蓄を増やす有効な手段として、「収入の10%」を貯金するというものがあります。多くの人が、お金を使ってから、余った分を貯金しているのではないでしょうか?それでは貯蓄は増えていきません。税金や保険料が良い例ですが、必要なお金は「先取りする」というのが世の中の鉄則です。あなたがもし本気でお金を貯めようと思っているのであれば、給料が入った瞬間に、10%分を貯蓄に入れるようにしてください。 

不用品を売る

次に取り組みやすいのが、自分の不用品をフリマアプリやオークションで売ることです。

tami
tami

フリマアプリについては

⇨商売の基本が学べるせどり

でまとめています

素人でも取り組みやすく、取引先との間に運営が入ってくれるので、何かトラブルがあっても安心です。利益は販売するものやコンディションによって異なりますが、もともと不用品は自分にとって価値のない「0円」のものです。いくらで売れても利益がでるので、やらない手はありません。

梱包や発送が面倒だから、リサイクルショップや買取店に持ち込むという人もいますが、現在ではコンビニでも24時間発送できますし、駅などには無人の発送ボックスも置いてあります。梱包についても、家にあるもので済ませることは可能です。丁寧、清潔を心がけていれば、取引相手とトラブルになることはありませんから安心してください。

実際どれくらいの稼ぎ

になるの?

不用品によりますが、初心者でも月1万円は簡単に稼ぐことが可能です。実際私も、始めて1年たった頃には月10万円という最高月もありました。取引の少ない月なんかもありますが、それでも家の不用品が無くなり、なおかつお金が入ってくるというのは嬉しいものです。 

クレジットカード

世界的にもキャッシュレスの流れとなり、クレジットカードを使っている人は年々増えています。しかし、そんな現代でも「現金主義」という方は多いでしょう。また、小さな金額だとカードよりも現金で払うという人もいますが、少額でもカードで支払うことで、貯蓄につながります。

カードを使うことに何の

メリットがあるの?

クレジットカードで支払うことの一番のメリットは「ポイントが付く」ということです。たいていのクレジットカードは1%の還元率になっています。つまり1万円の買い物をすると100円分のポイントが付くのです。 

ポイント溜まっても、

使い道あるの?

今ではポイント支払いを導入している店舗がとても増えています。良く言う楽天ポイントでは飲食店はもちろん、薬局などでも使えるので、生活必需品を購入することもできます。これによって、月の生活費を抑えることができます。

また、Tポイントに関しては、毎月ウェルシアという薬局で開催される「ウェル活」で、ポイントを1.5倍にして買い物をすることができます。これを活用することができれば、さらに還元率を上げることが可能になります。

クレジットカードについては、使い過ぎるからあえて使わないという人もいます。確かに目に見えない分、お金を使っている実感が無くて、使い過ぎてしまうという人はいるでしょう。しかしその点については、まめに利用状況をチェックすることで防ぐことができます。つまり、クレジットカードの使用と支出管理はセットということです。

まとめ

お金を貯める方法を実践して、社会人になってから年間100万円を貯金することに成功しています。あくまでも貯蓄したいという人向けではありますので、やりたいことや若いうちに経験したいことがたくさんあるという方は、そちらを優先すべきだと思います。実際、若いころにしかできない経験というのは確かにあります。私の周りでも、ベテランの上司が「もう少し若かったらなー」とこぼしていることがよくあります。お金も大切な資産ですが、若さと健康はそれ以上の資産かもしれません。自分のやりたいことをやれるように、今のうちから備えておきましょう。

tami
tami

⇨投資の失敗について

もまとめています



コメント

タイトルとURLをコピーしました