頭がハゲる前兆とは?知っておきたい予兆

雑談

男性に多い頭の悩み。ヨーロッパの方では頭がハゲている男性ほど女性にモテるという調査結果があるようです。とはいってもハゲたくない男性の方が多いはずです。ハゲを心配している人は、ハゲの前兆を確認しておくことが大切です。放置するとケアが遅れ、進行を止める手立てがなくなります。できるだけ早く気が付き、初期のうちに対策できるように注意しましょう。

ハゲの初期は、目に見えて薄毛の範囲が広くなるわけではありません。見るべきポイントをしっかりと押さえることで、ハゲの前兆を確認することができます。

ハゲの前兆

ハゲといっても症状はいろいろあります。一般的には髪が薄くなり頭皮が透けて見えること、生え際が後退したりすることなどが挙げられます。年齢とともに髪のボリュームが失われていき、生え際も後退する可能性があります。

髪が細くなる

自分の髪の毛が以前よりも細くなったと感じたら、ハゲが進行しているサインの可能性があります。これは、ホルモンの一種の「ジヒドロテストステロン」の影響で髪の成長が妨げられていることが原因と言われています。成長が妨げられると髪は細くなり、次第に弱々しくなっていきます。また、頭皮への栄養供給が低下している場合にも、髪への栄養不足につながります。これが髪を細くさせるのです。

いずれもの場合も薄毛につながるため、髪が以前よりも細くなったと感じた場合は早めに頭皮ケアをすることをおすすめします。あらかじめ髪の細さをチェックしておき、ハゲが進行した際に気が付けるようにしておきましょう。

ヘアセットがまとまりにくくなった

先ほどの話の続きで、髪が細くなることでヘアワックスを使ってもヘアスタイルがまとまりにくくなる方が多いです。髪同士がワックスでまとまらず、バラバラになりいろんな方向へ動いてしまうからです。

これに関しては髪が乾燥しやすい冬に起こりやすい症状でもあるため、安易に判断することはできません。細い髪が多いほどヘアワックスがまとまりにくいため、髪の細さで判断しましょう。

生え際が後退している

ハゲの特徴として一番わかりやすいのが「生え際の後退

生え際の他に頭頂部が薄くなりますので、この二か所に注目するとハゲの予兆を見つけることができるでしょう。鏡で毎日チェックしている人もいるかもしれませんが、おすすめは写真で残すことです。毎日同じ光景をみていると変化に気が付くことができませんが、記録を残しておけばその変化を比較することができます。

できるだけ早いタイミングで予兆に気付くためにも、普段から生え際と頭頂部の薄さをチェックしておきましょう。

フケが増えた

フケの量は頭皮環境の乱れを表しています。フケが増えたということは頭皮環境が乱れているということです。フケは頭皮の角質がはがれたものであり、頭皮が乾燥しているときに増えやすいです。頭皮が乾燥しているということは、小さな刺激でも炎症が起こりやすいということです。結果的に抜け毛が増える場合がありますので注意しておいてください。

頭皮のかゆみや赤み

頭皮のかゆみや赤みというのは、炎症に伴う症状のことが多いです。毛穴に炎症が起こると毛が抜けてしまう可能性が高くなります。これが広範囲にわたり起こると、それだけ多くの毛が抜けて薄毛になりやすくなってしまいます。頭皮のかゆみや赤みは放置せず、できるだけ早く医療機関を受診することが大切です。

tami
tami

今すぐ始めたいハゲ対策

についてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました