PMSってなに?生理でいらいらするのは病気なの?

学校

PMSとは月経前症候群の略称で、生理の3~10日前に始まるさまざまな体の不調のことをいいます。イライラする、気分が落ち込むといった生理特有の症状がこのPMSに当てはまります。最近話題になっていますが、まだまだ周知されていないのが現状です。生理によってホルモンバランスが崩れ、不調になることは女性にとって毎月ある厄介な悩みです。しかし、その原因がわかれば対処しようがありますし、気持ち的に楽になったりします。まだPMSについて知らないという人は、自分の症状と照らし合わせながら読んでみてください。

PMSの原因とは?

医療が発達している現代においても、残念ながらはっきりとした原因はわかっていてません。しかし女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」の変動が関わっているのではないかと考えられています。このホルモンは女性の基礎体温や子宮内膜の厚さに深く関係しているホルモンで、生理周期によって大きく変動します。

年齢によって症状が違う?

月経周期と連携するPMSは、月経が始まる思春期ごろから症状が出始めます。学校現場においても、症状のひどい女子生徒は薬を服用しなければ日常生活に支障がでるほど重症な子もいます。逆に、まったく症状がなく、経血だけあるという子もいます。妊娠や出産を経験すると症状が緩和するという人もいれば、年齢とともに症状がひどくなっていくという人もいますので、PMSは本当に個人差が大きいです。

月経周期によって症状が変わる?

約一か月の月経周期の間に、女性ホルモンは劇的に変化します。この変動によって体の不調を感じる人も多いでしょう。イライラしていたと思ったら急に気分が落ち込んで塞ぎ込んだり、周りの人間からしたらそのふり幅について行けないこともしばしばあると思います。感情の起伏が激しいのはPMSの特徴です。自分だけがおかしいと考えずに、感情のコントロールが上手くできるように工夫してみてください。例えば外に出て気分転換する、体調が優れなければハーブティーなどを飲んで気分を落ち着ける。特に月経前の黄体期にはホルモンの変化が激しいとされていますので、それに備えて準備をしておくと心に余裕が生まれるでしょう。

症状が変化する

PMSの症状は年齢や出産などの経験によって変化すると説明しました。一般的な症状の変化としては思春期の頃に「こころ」の症状が多くでます。イライラしたり落ち込んだり精神的な変化が顕著に表れやすいです。大人になって年齢を重ねると今度は「からだ」の不調を感じやすくなります。これは頭痛やめまい、疲れやすいといった症状が多いです。自分のライフステージによって症状の変化があることを理解しておくといいでしょう。

症状が出やすいタイプ

PMSにも個人差があることはお話ししましたが、タイプによってなりやすい人とそうでない人がいます。なりやすい人の特徴としては生活が不規則、完璧主義、我慢強いなどが挙げられます。生活の乱れは症状悪化につながりやすいです。お仕事の関係でどうしても不規則になりがちという人は、症状緩和のためにストレッチを取り入れるなどしてみてください。また、仕事やプライベートに対してストイックな人も症状がでやすいです。我慢強く自分に対して厳しくできる人は、自分の体の不調に気が付きにくいものです。体が悲鳴を上げているのに気が付けないと、症状が重くなってしまうこともあるので、生理の時期には体を休める時間を意図的につくってみてください。

まとめ

私自身、生理の時に体が不調になるのは仕方ないと思うタイプでした。仕事中も痛みがあろうと気が付かないふりをして我慢していました。しかしPMSを知り、内容を知るうちに生理に対して”対処する”という考えを持ちました。それからはすごく生活しやすくなったように思います。今まで薬の力を頼ることにも抵抗がありましたが、上手く服用して症状を抑えることで生理の悩みから解放されました。薬の服用に対して抵抗があるという人もまだまだいると思いますが、我慢をしているとなかなか体のサインに気が付くことができません。人によっては何かの病気のサインであることもあります。無理せず、つらい時には周りや病院に相談してみるのも一つの対処ではないでしょうか?

tami
tami

新生活の”疲れ”について

もまとめています



コメント

タイトルとURLをコピーしました