提出期限を意識せずに「仕事の効率を上げる」

学校

 

仕事をしていて、〇〇までに出してね。と言われて渡される書類たち。

皆さんは提出期限を守っていますか?

私は仕事をするうえで、指定された提出期限は意識したことがありません。なんならその場で書き込み始めて相手に直接わからないところを聞き、その場で提出してしまいます。その場でできなかったとしてもその日の内か次の日の午前中には提出することにしていました。

理由はたった一つ。ハードルが上がるのを防ぐため。

何日まで、と期限を提示されたものは締め切りが近づけば近づくほどより良い内容を求められます。時間をかけたんならそれだけ良いものができるはずだよね?と最終日に近づくほどハードルは上がります。早めに出せばそのハードルが上がる前に評価してもらえます。たとえ内容の質が60%だとしても、早く出した分の評価があるので問題ありません。むしろ足りない分は残りの期限で修正をかけることが可能です。早めに添削してもらうことで効率的に仕事をこなすことができます。

この方法はビジネス書で学んだものですが、実際に職場でやってみるとなかなか好評でした。内容が60%でもスピードでカバーしているのでまったく問題ありません。しばらくしてから聞いたことですが、仕事をするうえで求められるのはやはりスピードのようです。特に管理職にとっては下からあがってくる書類が早ければ早いほど仕事が進むのでありがたいそうです。

いやいや、そんな無責任に仕事の提出物を出せないよ。そんな意見ももっともです。しかし私の経験からしてどれだけチェックしても、どれだけ真面目な方でもミスはありました。そんな時に提出ギリギリであたふたするよりも期限に余裕をもって訂正できるほうが良いですよね?まずはできるところまで全力でやる、後回しにしない。これが仕事をするうえで大切だと思います。特に組織で動くときにはこのスピード感がカギになると思います。

 

まとめ

毎日マルチタスクで頑張っているみなさん。

忙しいからこそ、”後でやります”ではなく”今書いちゃいますね”と言ってそのまま提出してみて下さい。びっくりするほど簡単にスピーディーに仕事が進むと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました