わかっていたはずなのにやってしまった投資の失敗

お金

株式投資を始めてから、初心者の枠をそろそろ抜けるかな?と思っていたこの頃。大抵の投資初心者がやりがちな失敗に関しては、ある程度理解して回避できているつもりでいました。ところが、今回のコロナバブルでその思考が乱れてしまい、今まで回避していた投資初心者がやりがちな失敗を犯してしまいました。

自分のミスを認める

やりがちなのは、自分のミスを認めずにそのまま修正しないこと。ミスをしているのに気が付いていながら、それを修正しようとせずにそのまま放置してしまう。ミスをすれば修正すればいいだけなのに、これを怠ってしまいました。今回のバブルで、明らかに高値で売買されている銘柄を掴み、その後下落したことに気が付いていながらそのまま塩漬けに。自分の投資パターンをきちんと設定していたのに感情に流されてしまいました。完全にミスです。

早く修正できていれば、と後で後悔しても後の祭りです。自分の判断が間違っているのであれば、それを認めて早めに修正に入りましょう。

生活費に手を出さない

自分の軍資金は生活費以外で捻出する。どんなに相場が崩れていても生活費には手を出さない。これを鉄のルールとしていたはずなのに、バブルがはじけている!今が買い時だ!という欲に負けて、足りないお金を生活費から補充してしまいました。なんとも愚かな行動だったと思います。自分で鉄のルールとしていたのに、こんなにも簡単に破ってしまうなんて・・・。

結局その後相場はさらに下落していき、一日で数万円の損失になってしまいました。自分の投資額からしたらかなりの損失です。今回の失敗を教訓に、これからもう一度鉄のルールを心に刻み込んでいきたいと思います。

意地にならない

相場が荒れているとき、自分が負け続けていると損を取り戻そうとして、さらに突っ込んでしまいがちです。感情のコントロールができていないなんてまさに初心者。自分がそんなことになるわけないとたかをくくっていたのが仇となりました。含み損が膨らんでいくにつれて揺れる感情。毎日下がっていく株価にどきどきして、早く損を相殺しなければと躍起になっている自分に気が付くことができませんでした。ふと我に返ると、投資を始めた頃に読んでいた、初心者にありがちな失敗談の一例を見事に再現していました。なんとも間抜けな話です。

そんなことするわけない、と馬鹿にしていた人たちと同じことをしている自分に落胆しました。意地になっても相場は変わりません。自分の大切な資金を感情なんかで操ってはいけません。投資は冷静に、自分の投資スタイルを崩さないように注意しましょう。

まとめ

それまで自分とは関係ないと思い込んでいた初心者の失敗談。振り返ってみると見事に失敗パターンをコンプリートしている自分に笑えてしまいました。冷静に運用する自信があっただけに、自分のバカさ加減に落胆もしました。しかしここで株式投資からリタイアするのだけは避けたい。ここで負けるわけにはいかないと、もう一度自分の中で投資スタイルを見直すことにしました。意地になっているわけではありません。冷静に、もう一度挑戦するだけです。トライ&エラーを繰り返して、10年後20年後に安定していればこっちの勝ちです。今はただ勉強あるのみ、常に精進していこうと思います。

tami
tami

コメント

タイトルとURLをコピーしました