お金を捨てている?へたくそな予算の立て方[後編]

お金

⇨お金を捨てている?へたくそな予算の立て方[前編]では、予算を立てることでお金の無駄をなくす効果があるということについてお話ししました。後編では、収入を少なめに見積もるメリットの続きとして、収入以外の見積もりを見直すことで節約効果を上げる方法について紹介していきます。

ここでのポイントは、自分の生活や性格に合わせて見積もりをすることです。見積もりをする中で倹約はかかせませんが、削るところ、削れるところについては人によって大きく違います。例えば、自炊が楽しくて食費を削ることに関してはストレスなくできる、という人もいれば、食費を削るなんてありえない!という人もいます。そういう人は他の固定費を削ればいいわけです。今回の話の中では、人によって見るポイントが違うと思います。自分ならどうするかな?と考えながら読んでみて下さい。

固定費を見積もる

毎月出ていく費用というのは、「固定費」と「変動費」に分けることができます。特にここでは「固定費」について注目していきましょう。

固定費というのは、スマホ代や保険料、税金や家賃などの毎月必ずかかる費用で、おおむね一定額の支払いになっています。こういったものに関しては、毎月の支払から簡単に見積もることができますし、見積もり金額も正確です。

今の家賃が5万円なら

来年も5万円ですよね

しかも金額が大きいため、節約すると貯金の効果も大きくなります。一回の見直しをするだけで、その後は特になにもしなくても節約効果を期待することができます。スマホを格安SIMに変えるだけで、毎月5000円近く節約できたりもします。そのため、まずは固定費を見直して全体の見積もりを把握しましょう。無駄があれば削除するだけです。

おすすめは固定費の中に「貯金」を組み込むことです。最初に貯金額を確保しておけば、貯蓄できる確率はかなり高くなります。税金でもなんでもそうですが、必要なものは先に確保しておくことが重要なのです。

変動費を見積もる

変動費というのは、食費や衣料品、医療費や交際費などの毎月金額が変わりやすいお金のことです。これについては、月によって使う金額も違えば、コントロールするのがとても難しい費用になります。この部分を節約しようとすると、お金のことを常に考えて生活しなければいけなくなります。

例えば、外食費は3000円だからこれ以上は注文できない。であったり、今月の予算を薬代でオーバーしちゃった。だったりと、いちいち計算をしなければいけないストレスが発生します。変動費はコントロールするのが難しい分、常に考えていると節約が楽しく無くなります。なので変動費についてはざっくり計算くらいでちょうどいいです。

ただし、世間一般の支出レベル

は把握しておきましょう。

ざっくりといっても、なんでも使っていいわけではありません。それぞれの支出の一般的な平均レベルを知っておくことで、自分の支出が増えすぎるのを防ぐことが出来ます。メリハリをつけて、倹約できる場所は倹約して生活していきましょう。 

まとめ

予算を立てずに蓄財を増やすことはできません。立派な会社を持っている社長であっても、支出を把握せずにお金を散財していれば、会社はいつか潰れてしまいます。規模は異なりますが、家計管理も同じことです。どんなにざっくりでも構いませんので、予算を立ててその中で生活するように意識してみて下さい。ポイントは収入を低く見積もることです。人生では何があるかわかりません。リスクに備えて予算を立てていれば、何かあっても気持ちに余裕を持って対応することができます。無理なく今日から始めてみましょう。

tami
tami

変動費について

食品ロスを減らすことで

⇨「食費月1万円」

についてまとめています

コメント

タイトルとURLをコピーしました