せどりジャンルの記事で書くべきこと

お金

せどりの取引回数が増えていくにつれて、ブログに自分の経験をまとめたいと思うようになりました。自分の経験を振り返りながらせどり記事を書き上げましたが、楽しくなってきてしまい気が付いたらいくつかアップするまでに至りました。いくつか投稿する中で、PV数が高いものや低いもの、すぐに反応があるものやないものの特徴が出てきました。今回は、せどり記事を投稿したことで気付いた点や、今後の修正点についてお話していこうと思います。

これからせどりをされる方はもちろん、雑記ブログでせどりを取り扱おうとしている方の参考になれば嬉しいです。

せどり紹介

まずせどり記事の先駆けに書いたのは、せどり紹介の記事です。

〇商売の基本が学べるせどり

私がせどりをする際に登録してきたサイトの中でも、使いやすかったというおすすめのものを紹介することから始まり、おすすめの仕入れ場所から取り扱いジャンルまで書いています。使いやすかったサイトの紹介よりも、仕入れ場所や取り扱いジャンルのページの方がPVが多かったため、これらに関してはのちに別で記事を作成しました。PVが多かったものを参考に、次の記事を作成するというのはブログの鉄則ということなので、これを派生に様々なせどり記事を作成していきました。

失敗談

せどりをやる上で、こうすれば成功する、稼げるというスキルみたいなものはネットに溢れていますが、反対に失敗談や予防策はあまり書かれていないと思いました。そこで、⇨メルカリ取引回数1000回の中で出会った厄介者では、これまで起こった取引相手とのトラブルや、対応策について書きました。これに関しては順調にPV数も伸びており、ブログの中では有力ページとなっています。

失敗しやすいポイントを事前に知っておきたい、今トラブル真っ最中で困っているという人に読まれているのではないかと考察しています。事実、自分もせどりでトラブルに巻き込まれた際にはネットの情報を頼りにしますので、失敗談やトラブル体験というものをお持ちの場合はそれらをまとめてみるといいかもしれません。

タイムリーな話

失敗談に似ていますが、タイムリーで困っていることをブログに書くとPVの反応が良かったです。

⇨メルカリで発送した荷物がどこかにいった

で書いていますが、せどり経験上初めてのトラブルが起こり、どうしたものかと悩んでいた時の体験を記事にまとめました。トラブルが起こった時にはパニックになりましたが、記事を書いているうちに頭の中を整理できましたし、SNSでは解決策を教えてくれる優しい方もいらっしゃったので、単純に自分のためになった記事となりました。一人では解決できないことも、助けてもらうとすぐに解決できてしまいますね。ネットワークには本当に助けられています。

今困っている、解決したい問題がある、という場合には記事にしてSNSで呼びかけてみると案外すぐに解決するのでおすすめです。

自分の経験を基にした

⇨メルカリでやりがちなミス

もPV数が伸びた一つです

まとめ

せどり記事を書いてみてわかったことですが、単純に自分の経験を書くだけではPV数は伸びません。それが求められている経験なのか、自分も過去に検索したことがある内容なのか、記事を書く前に考察することが大切です。個人的には記事をまとめる中で、経験談ほど書きやすいものはないのですが、達筆になる分、あとから読み返すと文書がめちゃくちゃだったりするので、必ず2回以上は直すことをおすすめします。

tami
tami

⇨【300記事投稿達成】

では、リアルな収益や

人気記事について

まとめています

コメント

タイトルとURLをコピーしました