そのリフォームちょっと待った!!費用を安くする方法[前編]

お金

空き屋問題が浮き彫りになり、地方の一軒家が破格の値段で売り出されています。そんな中で、新築を購入するよりも中古物件を安く購入し、中を自分好みにリフォームするという人が増えてきました。今まで住んでいた、または安く購入した一軒家をリフォームする場合、築年数が長くなれば住宅の強度も考えてリフォームを検討しなくてはいけません。

一軒家のリフォームについては、建て替えや間取り変更を行うリフォームと、まるごと新築に買い替えるのはどちらがお得なのかご存知ですか?そもそも一軒家のリフォームにいくらかかるのか知らないという方もいるかもしれません。今回は、誰もが気になるリフォーム費用を安く抑える方法や、リフォームをする際の注意点についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

リフォーム費用の相場

一軒家をまるごとリフォームしたい、室内の一部を新しくしたい、リフォームをする理由についてはさまざまありますが、目的とするリフォームに一体いくら必要なのかを知らなければ、予算の計画を立てることもできません。

当然のことですが、リフォームにかかる費用は内容によってかなり異なります。室内を部分的に修繕するのと、建物自体を修繕するのでは、リフォーム費用がかなり違ってきます。まずは住宅のどこをリフォームしたいのかを明確に決めることが大切になります。大まかな相場で言うと、同じ大きさの物件で内装のみを修繕する場合と外装のみを修繕する場合では、外装の方が倍近くかかります。

[内装]50~100万円なら

[外装]100~200万円

が相場になります。

室内の部分的なリフォーム

全部リフォームすると

お金がかかるから、

部分的に綺麗にしたい

リフォーム費用を心配する人の中には、こういった考えの人も多いです。原状回復を目的とした室内の部分的なリフォームであれば、[約200万円~500万円]が費用の相場となっています。部分的なリフォームとしては、キッチンや浴室などの水回り、壁紙や畳・フローリングといった床の張替えを行う場合がほとんどです。一軒家全体のリフォームと比べると、かなり安い費用で行うことが可能になります。劣化によって痛んだところだけを綺麗にするというだけでも、かなり雰囲気が変わります。

自分でDIY

部分的なリフォームを勧める上でもう一つ知っておいてもらいたいのが、ある程度自分で修繕できるということです。部分的なリフォームだから安いと言っても、やはり人件費がかかります。プロにお願いすると良いものができますが、それだけのお金もかかります。もしも費用を少しでも安く抑えたいという方は、自分で修繕する選択肢を考えてみて下さい。例えば壁紙の張替えに関しては、ホームセンターで素人でも簡単にできるものが売っています。プロの左官がやるような漆喰などは素人がやると失敗しますが、壁紙の張替えならなんとでもなります。現代はYouTubeなどで予習もできますしね。プロを雇うと数十万円かかるところが、自分でやれば材料費だけで済んでしまいます。

壁紙なら1万円~2万円

ほどで売っています

また、畳など床の張替えについても比較的簡単にできてしまいます。畳に関しては、ひっぺがして、ほこりを掃除して、入れ替えるだけです。畳一つで30㎏ほどありますが、良い筋トレになると思えばへっちゃらです。

建物全体のリフォーム

築年数が長く、建物自体を作り直す必要があるという場合、リフォーム費用は最低でも1000万円はかかります。一軒家といっても、二階建てや三階建ての住宅の場合はリフォームする範囲が広くなりますので、その分当然費用も高くなります。室内の部分的なリフォームとは費用に大きな差があるため、きちんとした計画を立ててから専門業者に相談するようにしましょう。

決してやってはいけないのが、相場を知らずに業者にリフォームを頼むことです。どんな世界でも、相場を知らない人は業者のカモにされてしまいます。私の旦那さんも不動産投資の相場を知らずに5000万円の借金をしてしまいました。詳しくは⇨[旦那がポンジスキームに引っかかり、借金5000万円]で話していますので、気になる方はぜひのぞいてみてください。皆さんが今後、詐欺まがいの被害に遭わないために書いたものです。

何かを人に頼む時は、全部を人任せではいけません。そうとうなお金持ちで、「とにかく豪華にしてくれ」「金に糸目はつけない」という方なら相場など関係ありませんが、一般人であればある程度の相場を勉強してから業者に頼むことをおすすめします。

予算〇〇円というのも

相手に丸投げしている

状態です、相場を把握して

無駄は省きましょう

【後編】では、メリットや不動産としての家購入についてご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました