会計年度任用職員ってなに?旧制度との違いを解説

お金

こんにちわ。高校で非常勤講師として勤務していたtamiです(‘ω’)ノ

今回は令和2年度(2020)からの法改正により、時間講師は教育公務員として教育公務員特例法の適用を受けることになりました。

各自治体の公式ホームページには

令和2年度(2020)からの法改正により、時間講師は教育公務員として教育公務員特例法の適用を原則として受けることになります。

…と書かれていますが、新卒や企業から転職して新学期から初めて学校に勤務される方には何のことだかさっぱりだと思います。

そこで今回は、これまでの時間講師の旧制度と比較しながら、新たに新設された会計年度任用職員制度について解説していきたいと思います(‘ω’)ノ

※高等学校勤務での経験をもとにしています、小・中学校では異なる可能性があるのでご注意ください

これまでと何が違うのか?

まずはこれまでの制度でどのように給料が支払われていたのか紹介します。

時間講師は4月1日から翌年の3月31日までの1年契約で採用されます。給料に関しては

1カ月ごとの支払いです

例えば1週間に16コマ授業を受け持った場合…

月収は手取りでだいたい16万円ほど

になります。

1コマ×1万円がだいたいの

手取り金額になります。

時給にすると2500~3000円程度です。1カ月ごとの支払いではありますが、1年契約のため大まかな給料は初めに決まったものが毎月支払われます。そのため、文化祭やテスト期間などで授業が無いとしても給料には関係ありません。また、夏休みなどの長期休暇については、自宅研修という形で書類を提出します。内容は教材研究でもなんでも構いません。授業のための勉強や知識アップのための学びであれば提出書類としては完璧です。

つまり、授業が無い期間は代わりに自宅研修という形で給料が支払われています。基本的には通常時と給料の金額は変わりませんが、出勤していないので交通費は支給されません

このように、1年契約であるため学校行事で授業が無くても月収が変わらないのがこれまでの時間講師でした。ようは授業をしてもしなくても給料には関係ないということです。

会計年度任用職員

2020年より新設された【会計年度任用職員制度】では、

1カ月ごとに給料の計算

をしていきます。辞令は1年契約で出されますが、その月に何コマ授業をしたかで給料が変わってきます。つまり、これまでと違って授業をすれば給料が支払われ、授業をしなければ(できなければ)その分の給料支払いは無いということです。

授業していないんだから

給料でないのは当然じゃん

と思われる方もいるかもしれませんが、学校では行事やテスト習慣など講師の都合とは関係なく授業がつぶれることがあります。特に夏休みなどの長期休暇で授業ができないと、夏休みの1か月丸ごと無給となるのでかなりきついです_(:3」∠)_イキルノツライヨ…

授業準備の時間

とはいっても、この制度にも良いところはあります。それが

【授業準備の時間を給料に加味する】

というところです。具体的には

授業数×1.3までを上限

として、授業準備などに費やした時間も給料でもらうことができます

例えば1週間に10コマ授業を受け持っていれば

10コマ×1.3の13コマ分の給料

をもらうことができます。これはあくまでもそれだけ仕事をしたらということなので、仕事していなければもちろんその分の給料はありません。

申請方法

では、どのように労働時間を申請するのか?

簡単です。出勤時間と退勤時間を事務室で記入するだけです。記入された時間を月末に合算して給料の支払い額が決定します。注意したいのが、学校で仕事をした時間が給料になるので、自宅でどれだけ教材研究をしても給料には関係ありません。労働時間として計算できるのは

学校での作業時間のみ

となりますので注意してください。

時間の申請は

自己申告なの?

その通りです。事務室で自分で記入するため、完全自己申告です。ただ、事務室にいる方がだいたいの退勤時間などを把握していますので、あまりにも適当な時間を記入すると後から信用問題に関わります。明らかな時間の加算など悪質な場合は最悪解雇の対象となりますので、正確な時間を書き込みましょう。

メリット

これまでの旧制度では、授業の有無で給料は変わらないとお話ししましたが、裏を返せば授業外の時間について、仕事をやろうがやらまいがお金にならないということです。例えばテストの採点(2クラス担当すれば半日かかります)、ノートチェック、教材研究などなど・・・。

それが新制度では

授業時間×1.3まで給料の申請ができる

ので、教材研究やテストの採点でかけた仕事時間はきちんと給料の請求ができます。新旧両方の制度を経験した私の実感としては、

仕事した分だけきちんと

お金がもらえる♪

…と自分の頑張りが評価されている気がしてやる気につながりました。今まではテストの採点などお給料が発生しない仕事はどうしてもボランティアの気がしていたので…_(:3」∠)_ヤルキデナイヨネ…

受け持つコマ数にもよると思いますが、年収に関しては新制度の方がアップしました。ただし、年間で請求できる時間をきちんと計算して申請しないと、上限以降はボランティアになってしまうので気をつけてください。

デメリット

授業が無い長期休暇については、

まったくお金が入りません

ので注意してください。仕事をしていないので給料がないのは当たり前ですが…_(:3」∠)_

年間通しての申請できる時間数を計算して、もし時間に余裕があるようでしたらこうした長期休暇に出勤して教材研究などをすれば給料は申請できます。出勤時間と退勤時間を書くだけで仕事内容などの記載は特にありませんが、仕事をしているか他事をしているかは見ればわかるのできちんと仕事しましょう。

また、これまでと違って出勤時間と退勤時間を書くために毎日事務室に立ち寄る必要があります。始めからこの習慣が身についていれば特に失敗はないと思いますが、慣れるまでは何回か記入忘れがあり、帰りの車の中で気が付いたときには愕然としました…(;´・ω・)

まとめ

いかがでしたか?私自身、この制度が変わってから戸惑うことはありました。夏休みなんかはお給料がまったく無かったので正直きつかったです。でもよく考えてみれば、仕事しなければ給料が出ないのは当たり前だよな、と今では納得しています。これまであいまいにされていた授業準備の時間や、テスト採点の時間をきちんと給料として請求できるようになったことを考えれば、新制度のおかげで働きやすい環境になったのではないかなと思います。

これから学校に勤務される方、新しい環境・新制度と戸惑うことがあるかもしれませんが、学校の先生は聞けば丁寧に教えてくださる方ばかりです。心配しないでください。これからの新生活大変だと思いますが、応援しています。

新年度、がんばってください(‘ω’)ノ

 

また、学校現場で働いていた時に感じた、教員独特の働き方や悪しき風習についても書いています。これから学校で働こうとしている方はもちろん、今の職場環境に疑問を感じている方にも働く職場について考える良いきっかけになればと思いまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

⇨【気づきにくい危険な職場環境】を見る

現場の切実な声👇

⇨【教師のバトンまとめpart1】

⇨【教師のバトンまとめpart2】

コメント

タイトルとURLをコピーしました