妊娠中に食べた方が良いもの

学校

 

 

妊娠中は、妊婦さん自身の健康が一番大切です。赤ちゃんの成長のために栄養のあるものをなるべく多く摂りたいという気持ちはよくわかりますが、無理をしては気分が悪くなってしまっては本末転倒です。食事は毎日のことですから、無理なく続けられる方法で栄養バランスを考えていきましょう。

妊娠初期には、ホルモンバランスの変化が激しく、つわりも重なって食欲低下に陥る妊婦さんが多いです。そんな時に「お腹の赤ちゃんのために・・・」とつわりでしんどいのに頑張ってしまう妊婦さんがいますが、無理に食べる必要はありません。水分補給を意識して、食べられるものを食べるようにしていればいいのです。

積極的に摂りたいもの

葉酸

葉酸」を聞いたことがありますか?妊娠中にとりたい栄養素として有名ですが、いまいち何に含まれているのか、何の役割なのかわかりにくいものです。葉酸は、胎盤の形成や胎児の成長に欠かせない栄養素だと言われています。これに関しては、妊娠前から積極的にとるようにしている方も多いようです。ブロッコリーやライチなどにこの葉酸が豊富に含まれているため、妊娠初期の調子が良い時には積極的に食卓の中に入れてみて下さい。最近では冷凍食材も豊富になってきているので、活用してみるといいかもしれません。冷凍もので栄養があるのか心配という声もありますが、むしろ旬の栄養をたっぷり含んだ時期に収獲されて大量に冷凍されていたりしますので、時季外れのものを食べるよりも栄養分が多いこともあります。

カルシウム

妊婦さんに不足しがちな「カルシウム」は骨の形成には欠かせないものですが、授乳の時期などにはこのカルシウムが妊婦さんの骨から赤ちゃんに流れていきます。妊娠中から出産後まで、積極的にとっていきたい栄養素ですね。小魚などに豊富に含まれているので、おやつ感覚で小腹が空いたときに摘まんでみてください。また、ヨーグルトにはカルシウムとたんぱく質が豊富に含まれています。整腸作用もあるヨーグルトは妊娠中の便秘予防にも効果が期待できます。腸内環境が整うと免疫力アップにもつながるので、積極的に食べていきましょう。しかし大量に摂取するとお腹がゆるくなることもあるので、食べ過ぎには注意です。食後のデザートぐらいの感覚で食べるといいかもしれません。

鉄分

胎児の体をつくるために血液が大量に必要になります。女性はただでさえ生理などで貧血になりがちなので、鉄分不足が深刻な問題です。普段なにもなくても妊娠して貧血になったという妊婦さんも多くいます。血液をつくるためにも「鉄分」が多く含まれた食材を意識してとりましょう。レバーは苦手だと言う人は、あさりやしじみなどの貝類をおすすめします。妊婦さんが貝類を食べることは避けた方が良いと言われていますが、大きな貝類でなければそこまで心配することはありません。他にはゴマや小豆なども鉄分を多く含んでいるのでおすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました