妊娠中に控えた方が良い食べ物

学校

妊娠中に体がむくんだり、胎児の成長とともに体が大きくなっていくことでダイエットをする妊婦さんがいます。確かに太り過ぎることは妊婦さんにとってよくありません。ですが無理な食事制限や激しい運動を伴うようなダイエットは妊婦さんと赤ちゃんにとっては良いダイエットとはいえません。バランスの良い食事をとり、ウォーキングなどの適度な運動を意識して健康維持に努めましょう。そんな体調管理の中でも、食事は大きな役割を持ちます。妊婦さんが食べるものは、そのまま赤ちゃんも食べているといっても過言ではありません。例え成長している大人なら平気なものでも、赤ちゃんには悪影響を及ぼすものもあることを知っておきましょう。 

アルコール

お母さんと赤ちゃんの間には胎盤というフィルターがあり、お母さんからの栄養をもらう際に不要なものはそのフィルターで除外されます。しかしアルコールに関してはこのフィルターを通過してしまうという特徴があります。お母さんがビールをごくごく飲んでいるとき、赤ちゃんもごくごく飲んでいると考えて下さい。アルコールが胎盤から赤ちゃんに送られてしまうと、赤ちゃんは「胎児性アルコール症候群」という先天性の疾患を発症する可能性が高まると言われています。また小頭症など赤ちゃんにとって重大な病を抱える原因となってしまいますので、妊娠中はアルコールを飲まないようにしましょう。 

生もの

お寿司や生ハム、チーズなど。食材には加熱されていないものが多くあります。これらも妊娠中には注意したい食べ物です。熱を加えていないものには食中毒の危険性があります。例えばチーズ(特にナチュラルチーズ)にはリステリア菌という食中毒の原因となる菌が増殖している可能性が高いです。生で食べた時に、万が一にも食中毒になった場合、妊娠中に使える薬剤には限りがあります。治療が難しく、長期にわたることを考えると赤ちゃんへの負担も大きくなります。チーズの他にも、魚介類に寄生するアニサキスなどはひどい食中毒を引き起こします。これはサバやイワシ、イカなどの魚介類に寄生しますが、誤って食べてしまうと胃や腸に侵入して激しい腹痛を起こします。医療機関での手術を必要とする場合があるので避けましょう。

基本的に肉や魚などはしっかり火を通してあるものを口にするようにしてください。

塩分

一般的に外食やインスタント食品には塩分が多く含まれているものが多いです。塩分を多くとりすぎてしまうと、高血圧やむくみの原因となってしまいます。ただでさえ妊娠中はこれらの症状が出やすいので、なるべく塩分を控えるように意識しましょう。また糖分のとりすぎにも気を付けてください。

カフェイン

紅茶やコーヒー、緑茶などのカフェインを含む飲み物をたくさん飲むと、赤ちゃんの発育と妨げるといわれています。まったく飲まないというのは難しいと思うので、1日2杯程度に抑えてみてください。また、ノンカフェインの紅茶なども売られているので、どうしても飲みたいという時には活用してみてもいいかもしれません。水分補給の手段としては、白湯や麦茶がおすすめです。

まとめ

妊娠中には心配事や不安ごとがたくさんあります。知らない人は情報を集めてとにかくそれを守ろうと頑張ってしまいますが、健康のために無理は禁物です。お母さんがつらいと赤ちゃんもつらいんです。つわりなどで食べられない時期に、ジャンクフードなら口にできるというならそれでも全然構いません。大切なのはお母さんが無理をして倒れてしまわないこと。自分一人で抱え込まずに、パートナーや周りの人を頼ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました