社会人にとって必要なコミュニケーション能力とは?

学校

4月が始まり、新しい職場に緊張しながらの出勤お疲れさまでした。右も左もわからない中、やることだらけで大変な時期ですよね。個人的には仕事よりも、勤務先のお世話になる方の名前を覚えるのが優先事項でしたね。とにかく同じような名前の方が多い。地方の人に聞くとそうでもないそうですが、都心に近づくにつれ、苗字は似たような方が多いような印象です。

問題

さて、新しい職場で仕事をスムーズにこなす上で、重要になってくるのがコミュニケーション能力ですよね。この能力が無い時に「私、コミュ障なんで」といって逃れる手段もありますが、仕事となるとどうしても避けられない能力だと思うので、頑張って身に付けていきましょう。

コミュニケーション能力を身に付ける方法として、挨拶や雑談能力という意見もありますが、私が思う最も大切なこととは、「仕事をとにかくこなす」です。仕事の経験値をとにかく上げるんです。コミュニケーションと何の関係が?と言われそうですが、大ありです。

具体例

職場にこんな後輩がいました。

先輩方とどうやって距離を縮めればいいかわかりません

こういった相談をされたらみなさんはどうやって返しますか。後輩は先輩とコミュニケーションをとりたいと思っています。この後輩はコミュニケーション能力が無いわけではありません。一方先輩もこの後輩を嫌っているわけではありません。ですがこの二人には一般的にいう世間話というような会話はありませんでした。なぜなのか?この時の問題は、後輩側にありました。彼女はまだ新しい仕事に慣れておらず、仕事を覚えきっていませんでした。つまり先輩も、指導に手いっぱいで雑談などをする余裕などない状況だったのです。

問題解決

この問題を解決するには、仕事を覚え、上手くこなせるようになることです。時間に余裕ができさえすれば、この二人の中で雑談を話せるだけの時間が確保できます。そうすれば距離が縮まるのも時間の問題でしょう。

この後輩のように、コミュニケーションをとることに目を奪われて、根本的な問題が見えていない人をためにみかけます。お互いのコミュニケーションをとることは仕事をする上で不可欠です。ただ、それはするべきことができていての話です。それは上司であればあるほど感じていることだと思います。ようはそんなこと(雑談等)している余裕あるのかい?ということです。仕事をきちんとこなしていれば余裕がうまれて時間ができます。そんな余裕がまだ無いという時期は、コミュニケーションなど気にせず、がむしゃらに仕事に打ち込めばいいのではないでしょうか。

まとめ

新しい環境で働くことはどれだけ社会人経験を重ねたとしても辛くて苦しいものです。ましてや新しい環境、知らないことだらけの仕事場では心細くもなるでしょう。でも仕事に向き合う真面目な姿勢というのは必ず誰かがみてくれています。まずは今日一日を頑張ってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました