精子の質を上げるために知っておくべきこと[前編]

看護師

体外受精、人工授精を繰り返してきて、子どもができないという場合には、一度不妊治療の原点に戻ると良いと言われています。

不妊治療の原点ってなに?

と悩まれる方もいるかと思いますが、原点とは、男性と女性の双方に関係してきます。つまり、「精子の質」「卵子の質」について考えていこうということです。昔から受精卵については、女性側の問題つまり「卵子の質」に左右されると言われてきました。女性が高齢であると卵子も年をとり、受精卵のランクが下がるとまで言われています。しかし、先ほどもご説明したように、不妊に関しては男性と女性の双方に原因があります。そこで今回は「精子の質」について目を向けていきましょう。 

質の正体

卵子でよく耳にする「」というのは、実は精子にも当てはまります。質を表す一例として低比重精子(未熟精子)が挙げられます。精子は見た目にはほぼ同じであっても、実は「重さ」が異なる精子が存在しています。つまりこの重さが成熟し完成された精子(比重が重い)と、未熟で未完成な精子(比重が軽い)との差になってきます。

重さが受精とどう関係

してくるの?

実は精子の重さというのは、卵子までにたどりつくのに必要な運動能力の差に関係してくると言われています。検査の際は、運動さえしていれば計測されてしまいますので、比重に関係なく結果が出てしまいます。そうなると検査結果よりも、実際の良好運動精子はもっと少ないという可能性も出てきてしまいます。

また、精子は毎日つくられるものであり、生存時間も数日と短いです。決して長くはなく、移り変わりの激しいものであるため、検査のタイミングによって値の変動が激しいものでもあります。そのため、日々の生活習慣に気を配り、常日頃から注意を払う必要があります。

性行為のタイミングは

いつがベストなの?

余談ですが、性行為のタイミングについてもお話しします。⇨【妊娠しやすい体づくり】でも紹介していますが、性行為のタイミングは「精子が元気な朝が良い」というのは科学的な根拠がありません。そもそも精子は作られてすぐ出てくるものではありませんので、タイミングよりも”時期”の方が重要と言われています。

注意してほしいのは、そのタイミングしか性行為をしていないという場合です。妊活中の人の中には、【排卵日】しか性行為をしないという方もいますが、「禁欲期間」=「精子を出さない期間」が長いと精子は劣化してしまいます。我慢するほど良い、その日に全力を出したい、という気持ちもあるかもしれませんが、精子の劣化を考えると日ごろから仲良くしておくことも大事です。ただし、毎日だと精子が薄まってしまいますので、3日おきくらいがベストだと言われています。ご家庭の生活習慣に合わせて検討してみてください。

妊娠させる力

質の良い精子というのは、つまりは「妊娠させる力」を持っているかどうかということを表しています。

妊娠させる力って

どこで判断するの?

それは、精子の形が良く、運動率も高く、DNAもしっかりとしていることが判断条件になります。また、ミトコンドリアエネルギーなんかもこの判断条件に含まれています。精子は大きく分けて3つに分類することができます。「DNA」「中止体」「しっぽ」の3つでつくられており、しっぽは精子が前に動くためにあります。

ミトコンドリアはエネルギーを発生させ、これによって精子が前進することが可能になります。つまりは、ミトコンドリアが正常でなければ運動率が悪く、受精機能が低い精子となってしまうわけです。これが妊娠力の低い精子と言われてしまいます。精子はこの3つが正常であることが大切になり、顕微授精などでは「妊娠させる力」があると思われる元気な精子を選び出します。 

精子の質を上げる

では、具体的に精子の質を上げるにはどうしたらいいのか?精子の能力を向上させるためには、適度な運動と適正体重、健康的な食事が不可欠です。

そんなこと知っているよ!

それでもダメなんだ!

と思われる方もいるかもしれません。適度な運動であれば週に3日は30分程度の運動をする。適正体重についてはBMIが18.5~24になるようにする。食事に関しては果物、野菜、魚を中心とした食事を取り入れるようにする。このようなことは大半の方が実施していると思います。

しかし、これらのことを義務的に、しかもストレスを抱えながら行っていませんか?もちろん日々の努力というものは大切です。しかし、ストレスを抱えながら短期的に行っても効果はありません。これらの健康法は精子だけではなく自身の健康にも大きく関わってくるものです。不妊治療のことだけに悩まされて、それだけに集中していると身体的にも精子的にもよくありません。不妊の為だけではなく、健康のためにこれらを改善していると考えてみてはいかがでしょうか?将来的な自分への投資と考えて、健康な体づくりを励むと長く続きます。全てやる必要はありません、生活習慣を一気に変えてしまうとストレスになってしまうので、できることから少しずつ改善していきましょう。

tami
tami

⇨精子の質向上[後編]

では、NG行為などを

まとめています。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました